FC2ブログ
そりゃそんなことでもしないとやってられない。
瞬間でもいいから普段の事を忘れたい、それほど思うのさ。
自分が知らない所へ行き知らない人と遭遇する。
この人達は俺が嫌われてるのを知らないと考えると多少余裕ができる。
愛想よく接してくれる人を見ると「俺は嫌われてるのにな、、、」とか思ってしまう。
嫌われるために生まれてきたんかな?

          IMG_0351.jpg            
          IMG_0340.jpg

道の駅にいた猫たち、とある奥地の峠の紅葉を見てきた。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
自分も親切にされると申し訳なく思ってしまいます。
嫌われ歴は長いです。嫌われ始めたのは中1の3学期。
スクールカーストのトップにいた女が吹き込みを始めた
のが切っ掛けでした。クラス替えしても見知らぬ連中か
らも「あいつはさぁ・・・」という声が聞かれるように
なりました。毎日ビクビクしながら不登校ギリギリ
のところで踏ん張ってきました。そのときのダメージが
大きすぎて人と接することが苦手になりました。
以来、今も嫌われ人生を歩んでいます。

メンクリの医師に相談しても対人恐怖の人はみな
勝手に思い込んでいると押し切られます。

地域猫でしょうか。猫好きです。田舎に引っ越したら
飼おうと思ってます。

Re: No title

棒さんどうも。
自分も似たような時期でしたよ中1の夏には言われてましたね。
学級委員の女でした。
しかし自分も心当たりがあるので自業自得な部分があります、多感な時期ですし。
少し違うかもしれませんが視線恐怖症みたいな症状でジロジロ相手を見てしまうんです。
「あの時の行動さえなければな~」と何時も思います。
そこから自分の嫌われ人生が始まりました。
メンクリの件は自分もわかります。「気にしすぎ」「聞いたくらいで嫌ってこない」
「その場では合わせてるだけ」「人はいちいち気にしてない」そういうのを聞いてきました。
目には見えないので当事者にしかわからないんですよね。

地域の猫だと思います、5~6匹位はいました。

PAGETOP