続き
少しさかのぼって揉める前のこいつのクソ行動
その頃はもうM上とは喋らなくなっていたな。
新しくMNと言う人が入社してきた、年上の人で初っ端からよく喋る人だった。
休憩時間もその人が周りとよく喋るのでM上は話に入れないでいたな。
俺は喋らないしそんな人達の風景を見てるだけの人wだからよくわかった。
M上は会話に入れ無いのでMNの事が気に入らないようだった、MNはただ喋ってるだけなのに。
ある日休憩時間が終わって休憩室から出ると肩口を叩かれた。振り返るとM上だった。
M上「あの人ムカつきませんか?嫌ですよ」。む「ん?あぁなんかねw」適当に答えた駄目な俺。
M上「Yさんも言ってますし皆言ってますよ」と、こんな会話だったな。
気に入らないから周りに吹聴してるんだわ、まじコイツ死ね。
1月~2月
で、数カ月後何回か入れ替わりがあり 
同じ班の勤務になりM上の思惑も知らず何時も通りに仕事するだけだった。
喋る事はなくなったが別にそれはそれでいい関係ない。だがM上はそうでもないらしい。
数日後にはM上の裏工作が始まる、最初に起こったのは夜勤の夕飯時間の時だった。
ご飯を食べていると(もちろん1人でw)ん?聞こえてくる
数人居るグループの方から「あいつ鬱陶しい」てのが数回聞こえた。その方向は見てない
声で直ぐM上が言っているとわかったが、誰にだ?とまだ懐疑的だった。
M上とは喋らないが今まで何も事を起こしたことは無かったからだ。
しかし時間が経つに連れて自分にたいしての行動が露骨に目立って来るようになった。
それにM上とつるんでいる奴らの自分に対する反応でもわかった。
もうこれは気のせいではない、、、自分もそういうことか と認識した。
3月~4月
昼勤務が終わり、1人夕方地元のゲーセンへ、当時は鉄◯3が流行っていたのでよく行った
そのゲームのプレイを見ていると1人前を横切った、何かジッとこちらを見ていった(ガン付けかな)
あれ?と思いそいつの行った方を見ると3人で居た。M上と他2人、そりゃ何か見た覚えあるわな
奴は俺が気付いた事に気付いては無かったようだ。
で、聞こえたのがM上の「あいつ友達居ないんじゃないww」そんな会話を背に店を出た。
これで完全に導火線にが着いた、後日行動を起こす。

続く











コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP