相談

未分類

2017-11-01

もう少し詳しく書くと
Slackと言うビジネス向けツールで話した。このツールは初めて知った。
SNSで日曜日に相談の場を提供すると書かれていたので連絡したんだ。
相手はパワハラ解決のプロで、パワハラに対しての知識がありコンサルタントをしているMさん。
1対1ではなく数人で話す予定だったが結果的に自分一人だった、インカムで1時間程会話した。
自分の置かれている状況を話してんだけど物凄く理解してくれたよ。
理解というのはカウンセラーが分ってくれるのとは違うくてMさんの経験や相談からくる理解だ。
自分の状況説明すると「人間関係からの切り離しですね」と。パワハラには大抵あるそうだ。
やはり進められたのは転職だね、好転しないし当たり前だわね。
アドバイスや他の方法も教えてもらったけど
証拠取りは必要だと言われたICレコーダー、スパイカメラで撮影。
まずはメモだやってるけど奴ら尻尾を出さない。
状況からして中々証拠を録れないのはMさんも分ってくれてるけどね。
ボールペン型カメラは3ヶ月で壊れてしまった、もう買う気になれない(汗)

今回を通じて接点が出来たし、参加することで同じ境遇の理解者が増え
場を提供してくれるので積極的に参加しようと思う。

          パワハラ1


コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP